女性は皮下脂肪が上半身よりも下半身にお肉がつきやすい!!


女性は皮下脂肪が上半身よりも下半身にお肉がつきやすいのは何故なのでしょう!


下半身痩せというのは雑誌にもよく取り上げ


られているようです。


ダイエットに励む女性の中で、「下半身のお


肉が気になる」という人は大勢いるようです。


つまり下半身というのは太りやすいというこ


となのですね。 女性の体、とりわけ下半身
<<INS1>>

には、「レセプター」という脂肪を貯めてお


くものが数多くあるために、下半身が太りや


すくなると言われているのです。


「レセプター」というのは、脂肪の放出や貯


蔵の調整を行うもののことなのです。


下半身にあるレセプターは、脂肪の放出をす


るもの1つにつき、脂肪を貯蔵するものは6


つもあるそうです。


一方、上半身はその反対です。


つまり、下半身は上半身よりも脂肪を6倍溜


め込まれやすく、脂肪を放出する力は6分の


1しかないのです。


これでは下半身のほうに多く脂肪がつくのも


当然ですね。 もう一つの原因というのは


「セルライト」にあります。


お尻や太ももにある皮下脂肪の組織が、老廃


物や水分や脂肪をたっぷり含んだスポンジの


ように肥大化した状態のことをセルライトと


呼ぶのです。 セルライトのだいたいが脂肪
<<INS1>>

なのですが、正常な脂肪組織ではないのです。


色々な原因によってダメージを受けた脂肪組


織なのです。 スリムな体型の人でもセルラ


イトはあるのです。 誰にも皮膚のすぐ下に


は脂肪組織があるのですが、そこへセルライ


トが作られるからです。


また、女性は皮下脂肪が下半身につきやすい


ので、上半身よりも下半身のほうに、セルラ


イトが発症しやすいのです。


したがって、下半身太りへとつながるのです。


ケーキばっかり食べていたり、お酒を必要以


上に飲んでいたり、糖分や油分の多いスナッ


ク菓子など、このような乱れた食生活では脂


肪が益々溜まってしまって、セルライトがで


きやすくなるのです。


カリウムが含まれる果物や海藻を食べずに、


インスタント食品ばかり食べていたり、ナト


リウムを多く含む味付けの濃い食べ物を食べ


たりしていると、タンパク質が足りなくなっ


てむくみに直結するのです。
<<INS1>>

リンパ管や動脈の圧迫もむくみの原因となる


ので、姿勢が悪い場合は直し、正座や座ると


きに脚を組むのは控えるようにしましょう。


その他セルライト発生の原因には、喫煙、運


動不足、便秘、コーヒーなどカフェインを多


量な摂取などがあります。


太りやすく痩せにくい下半身なのですが、日


常生活を改めることでスリムな下半身に近づ


くことができます。


少しずつでもやれる範囲で見直していきまし


ょう。


ダイエットの主役はいただき!これからのダイエットはこれに限る!!楽天にゆきましょう。